以常見我故 而生恣心 放逸著五欲 堕於悪道中 我常知衆生 行道不行道 随応所可度 為説種種法 毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身          南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経。


by eco_eco69
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[No.422]:福島第一原子力発電所事故による「eco_eco五座三座」の見解(1)

4月12日より 日本の原子力安全委員会は 「国際原子力事象評価」を「レベル5」から
「チェルノブイリ原子力発電所事故」にも該当する
「レベル7」
「深刻な事態」へと引き上げておりますが
「eco eco五座三座」では「チェルノブイリの事故」や「広島・長崎の原爆」・・とを比べても
「過大すぎる評価」が否めず もし「評価レベルを改める」・・・とするならば
当初「フランス」が 主張した「評価レベル」を受け入れた
「レベル6」の「大事故」と主張した方が妥当じゃないのか?・・と、考えております。


【参考資料】
国際原子力事象評価尺度
チェルノブイリ原発事故
キュシュテム事故(ウラルの核惨事) (同じく「レベル6」を受けた事故です。)
Sellafield【セラフィールド】原子力事故

(1987年(昭和62年)まで「イギリス政府」が公表しなかった「原子力発電所の事故」
 日本では馴染みが薄く、「事故の度合い」を比べた場合
 この事故では 福島原発よりも 遥かに放射能被害が出た事故なのに
 何故か「国際原子力事象評価」は TIM事故(スリーマイル島放射能漏れ事故)と同様の「レベル5」
 因みにドイツのテクノユニット「クラフトワーク」は「radio activity」
 「この事故」の事を、「チェルノブイリ」や「広島」と同列に扱って演奏する。




追記

尚、WHOは当初「外国メディアの誇張した報道」や
(情報が錯綜したせいで 外国では「日本が壊滅した」印象を流すような報道が多かった。)
日本側での情報が「あやふやだった」面があり
かなり意見を(この場合は質問だと思われますが)のべたようですが
その反面 WHOは「チェルノブイリの時とは違う」・・と言う主張を展開し
大きな動きをみせない・・どころか
今回の事故は「モラルパニックに陥っている」と主張していたりもしている。


「福島第1原発からの放射能漏れは局所的、差し迫るリスクない=WHO」
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201103180066.html
【IAEA/WHO】福島原発事故のレベル引き上げ
「チェルノブイリと同等であることを意味するものではない」
[ロイター]
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20586820110413
IAEA:福島とチェルノブイリ「完全に別物」と強調
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110413/erp11041301390002-n1.htm
日本への渡航制限「必要なし」 WHO
http://blogs.yahoo.co.jp/ayu_33_99_33/2550158.html


また、日本の原子力安全委員会が「レベル7」に引き上げた事に対し
フランスもロシアも「極端な判断じゃないのか?」・・と懐疑的にもなっている。

【フランス】福島第1原発事故、チェルノブイリに「匹敵せず」--仏研究所[11/04/13]
http://mainichi.jp/select/science/news/20110413k0000e040051000c.html
【ロシア】専門家は、引き上げに「行き過ぎ」「福島第1原発事故の深刻度はレベル4にも届かない」[11/04/13]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110413/erp11041307040003-n1.htm


その事から「富士宮ボーイNo32471」の投稿では
「【ネット】 過度な評価は誤解を生む」・・と言うタイトルで
「何か意図的な情報操作が行われているのではないか?」・・・と勘ぐられていたし
その後の 後先を考えない「反原発派」の態度や
エネルギーに関する「利権等の展開」などを読むと「なるほど」とも思える。



【注意!】
※ この記事はInfoseek版の「eco_eco五座三座」にて
2011年(平成23年)4月13日より「自由蘭の項目」に書かれていた内容を、転載し、加筆した内容ですが
現時点(2011年7月28日の時点)でも、この考えは、あまり変わっておりません。
尚、infoseek版では2011年(平成23年)4月13日より「追記」を除く
上記の記事を掲載していた為、日付を「4月13日午後3時」に設定しました。

[PR]
by eco_eco69 | 2011-04-13 15:00 | Usual topics