以常見我故 而生恣心 放逸著五欲 堕於悪道中 我常知衆生 行道不行道 随応所可度 為説種種法 毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身          南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経。


by eco_eco69
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

勤行の仕方 【日連正宗ならびに 2004年10月までの創価学会編・1】


- はじめに -

創価学会は2004年10月までこれから解説する形式で
毎日勤行をしていた
また、日連正宗も御観念文の形式は異なるものの
現在もこの形式でおこなって、定着しているようである
即ち、朝は五回方便品、寿量品、御祈念を繰り返し(夕方は3回)
題目を上げるやり方である

しかし、この形式で定着させたのは戸田城聖氏の時代であり
いわば、創価学会が独自に制定したやり方だと言ってもよい
過去の文献を読むと方便品寿量品は読経するものの
本来、正宗では勤行の形式が定まっていなかったようである
(但し、日寛上人は戸田城聖氏が定めた形式に近いの勤行をしていた)

しかし、この形式で勤行を行なうと
慣れない人は朝は30分もかかり慣れている人でも15分は最低掛かる為
実用的ではなかったのが実情でもある。
元来、日連系の宗教は南無妙法蓮華経を唱える事が
勤行でありメインだった

しかし原型である法華経を身をもって体得させる為
僧クラスになると借文と言う形で
肝心な部分である方便品、寿量品を唱え勤行をさせていた 
従って当初、在家は題目だけであり
今の形では勤行をおこなっていない

その為か創価学会では
2004年10月より、突然、勤行の形式を変えた
しかし、何故、今頃になったのか
この点については何も説明されていないのが現状である
また、過去、5座3座の形式を強制する事を仄めかす
指導があった事も否めない

従って、この発言に対する
説明責任が果たされていないのが現状である事を明記しておく
[PR]
by eco_eco69 | 2007-01-06 15:15 | 正行・助行