以常見我故 而生恣心 放逸著五欲 堕於悪道中 我常知衆生 行道不行道 随応所可度 為説種種法 毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身          南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経。


by eco_eco69
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

キリストが伝えたかったのは、南無妙法蓮華経か?


― 日本・青森県戸来村 ―

竹内文書で有名な竹内巨麿(たけうちきよまろ)の説によると、
日本にも青森県戸来(へらい)村に「キリストの墓」がある

(現在は 三戸郡新郷村大字戸来。なお、この竹内巨麿説では
 旧戸来村の村名は、ヘブライに由来するとされる)

現地においては、ヘブライ語として読むと意味が通じる伝承歌・
ナニャドヤラも伝えられている。

なお、竹内文書に書かれた
「旧戸来村」に伝わるキリスト伝説によると、
ゴルゴダの丘で処刑されたのは、弟のイスキリであるとされる。

また日本において「桔梗紋」と言われる
この村の旧家に伝わる家紋は
ユダヤのシンボル「ダビデの星」と酷似しており、
イスラエルの失われた十氏族や
イエスとの関わりを指摘する説もある。
現在でも戸来小学校の校章はダビデの星そのものである。

また、戸来村では子供の額に
墨で黒い十字を書く風習があったという。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%A2%93


新興宗教家の唱えた事なので
信憑性がどの辺まであるのか、疑問なのですが
三世の生命感を定理に持ち込むと、あってもおかしくないんですよ
例えば上の説が正しいと こういう考え方も出来る

キリストは処刑されそうになった

ところが日連の竜の口のように
処刑寸前に閃光が顕れ処刑が出来なくなってしまった
(これが奇跡という訳です)

その結果、未知なる地への流罪(佐渡流罪と一緒だわな)

ところがその未知なる国は日本であり
その日本に何か感じたものがあり 結局、帰らなくなった
(ジパングの言い伝えと関連があるようにも思える)



裏づけ ができる資料が少ないので
一概には判断が出来ないけれど
統計と確率で考えれば、あっても可笑しくない

そういえば、小野小町の時代から
白人系の血も東北の場合は多いんだよねー

根本的にキリストの教えは
日連大聖人の仏法や精神とは似たりよったりなんですよ
迫害も意外と多いし カルトぶりも似ている

ただ、「神の下に人が成り立っている」と言う教えが根本な為
結果的に支配と奴隷の構造が出来てしまい
片一方は幸福になるものの
片一方は不幸になってしまうので救う事が出来ず
邪教という考え方になってしまうのですが
しかし、神を日連と置き換えると
やはり同じ結果が生まれているんですよ
その典型的な一例が日連正宗であり創価学会

信仰者達のプロセスや思考方法まで
キリスト教と同じに見えてくるから不思議だし
聖教なんか見ていると
聖書の世界と宗教裁判の世界が同時に顕れている

そういえば、内村鑑三氏は
キリストと日連大聖人を比較して研究していた話は有名だし
その内村鑑三氏は牧口常三郎氏とも親交があったみたいだ
また、その牧口常三郎氏も新渡戸氏とも親交があった

こんな噂もある

「池田大作はユダヤのフリーメイソンだ」・・・と

かつてアメリカ人のジャーナリストが本で述べていた事だが
なるほど、こんな噂が出るという事は、
心の奥底に似たもの同士と言うものが秘めていたから
そんな噂が出たのではなかろうか?


その視点で見ていくと久遠の仏は
キリストにもなっていたような気がしてならない

そう思った、電波な聖者の方はココへ一票をお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by eco_eco69 | 2007-04-04 18:11 | Usual topics