以常見我故 而生恣心 放逸著五欲 堕於悪道中 我常知衆生 行道不行道 随応所可度 為説種種法 毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身          南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経。


by eco_eco69
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【御書の要】立正安国論を学ぶ【日蓮仏法】(3)        せいきょう夕刊編

― 立正安国論(2) 【原文】 ―

客の曰く 

天下之災・国中之難、余独り歎くに非ず衆皆悲めり。
今蘭室に入て初めて芳詞を承るに
“神聖去り辞し災難竝び起る”とは何の経に出でたる哉。
其の証拠を聞かん矣。


主人の曰く

其の文繁多にして、其の証弘博なり。


金光明経に云く

其の国土に於て此の経有りと雖も未だ嘗て流布せず。

 捨離の心を生じて聴聞せんことを楽はず。
 亦供養し尊重し讃歎せず。
 四部の衆
 持経之人を見て亦復尊重し、乃至供養すること能わず。

 遂に我等及び余の眷属無量の諸天をして
 此の甚深の妙法を聞くことを得ずして、
 甘露の味に背き正法の流れを失ひ
 威光及以勢力有ること無からしむ。

 悪趣を増長し人天を損減し
 生死の河に墜ちて涅槃の路に乖(そむ)かん。  

 世尊、我等四王竝びに諸の眷属
 及び薬叉等斯の如き事を見て
 其の国土を捨てて擁護の心無けん。

 但 我等のみ是の王を捨棄するに非ず。
 必ず無量の国土を守護する諸大善神有らんも
 皆悉く捨去せん。

 既に捨離し已りなば
 其の国当に種種の災禍有って国位を喪失すべし。

 一切の人衆皆善心無く、唯繋縛殺害瞋諍のみ有り、
 互いに相讒諂し、枉げて辜無きに及ばん。

 疫病流行し、彗星数出でて、両日竝び現じ
 薄蝕恒無く、黒白の二虹不祥の相を表し
 星流れ地動き、井の内に声発し、暴雨悪風時節に依らず
 常に飢饉に遭って苗実成らず
 多く他方の怨賊有って国内を侵掠し、
 人民諸の苦悩を受け土地所楽之処有ること無けん。

 巳上。


大集経に云く

 仏法実に隠没せば髭髪爪皆長く、諸法も亦忘失せん。
 当時虚空中に大なる声ありて地に震い、
 一切 皆遍く 動ぜんこと猶お水上輪の如くならん。
 城壁破れ落ち下り、屋宇悉く・{やぶ}れ拆け、
 樹林の根、枝、葉、華葉、菓、薬尽きん。

 唯浄居天を除きて
 欲界一切処の七味三精気損減じて余有ること無く
 解脱の諸の善論当時一切尽きん。
 
 生ずる所の華菓の味希少にして亦美からず
 諸有の井泉池一切尽く枯涸し
 土地悉く鹹鹵し、敵裂して丘澗と成り

 諸山皆、ショウ燃して天龍雨を降らさず
 苗稼皆枯死し 生ずる者皆死し尽き余草更に生ぜず。

 土を雨し 皆昏闇にして日月明を現ぜず。
 四方皆亢旱し数諸の悪瑞を現じ

 十不善業道、貪瞋癡倍増して
 衆生の父母に於ける之を観ること、ショウ鹿の如くならん。

 衆生及寿命色力威楽減じ 人天の楽を遠離し
 皆悉く悪道に堕せん。

 是の如き不善業の悪王悪比丘我正法を毀壊し
 天人の道を損減し
 諸天善神王衆生を悲愍する者
 此の濁悪の国を棄てて皆悉く余方に向かはん。

 巳上。


仁王経に云く

 国土乱れん時は先づ鬼神乱る。
 鬼神乱るるが故に万民乱る。

 賊来りて国を劫し、百姓亡喪し、
 臣君、太子、王子、百官共に是非を生ぜん。

 天地怪異し、二十八宿、星道、日月時を失ひ度を失ひ、
 多く賊の起ること有らんと。

亦云く

 我五眼をもて明らかに三世を見るに
 一切の国王は皆過去の世に五百の仏に侍えしに由りて
 帝王主と為ることを得たり。
 是れを為て一切の聖人・羅漢而も為に
 彼の国土の中に来生して大利益を作さん。

 若し王の福尽きん時は一切の聖人皆為捨て去らん。

 若し一切の聖人去らん時は七難必ず起こらん。

 巳上。


薬師経に云く

 若し刹帝利・潅頂王等の災難起こらん時
 所謂
 人衆疾疫の難・他国侵逼の難
 自界叛逆の難・星宿変怪の難
 日月薄蝕の難・非時風雨の難
 過時不雨の難あらん。

 巳上。


仁王経に云く

 大王、吾が今化する所の
 百億の須弥百億の日月
 一一の須弥に四天下有り。

 其の南閻浮提に十六の大国・五百の中国・十千の小国有り
 其の国土の中に七の畏るべき難有り。
 一切の国王是れを難と為すが故に。

 云何なるを難と為す。
 日月度を失ひ時節返逆し
 或は赤日出でて、黒日出でて、二三四五の日出でて
 或は日蝕して光無く、
 或は日輪一重二三四五重輪現ずるを一の難と為すなり。

 二十八宿度を失ひ
 金星・彗星・輪星・鬼星・火星・水星・風星
 チョウ星・南斗・北斗五鎮の大星
 一切の国主星・三公星・百官星
 是の如き諸星、各各変現するを二の難と為すなり。

 大火国を焼き万姓焼尽し
 或は鬼火・龍火・天火・山神火・人火・樹木火・賊火あらん。
 是の如く変怪するを三の難と為すなり。

 大水百姓を漂没し
 時節返逆して冬雨ふり、夏雪ふり
 冬の時に雷電霹靂し、六月に氷霜雹を雨し
 赤水・黒水・青水を雨し、土山・石山を雨し
 沙、礫、石を雨し、
 江河逆に流れ、山を浮べ石を流す。
 是の如く変ずる時を四の難と為すなり。

 大風万姓を吹き殺し、国土山河樹木一時に滅没し、
 非時の大風・黒風・赤風・青風・天風・地風・火風・水風、
 是の如く変するを五の難と為すなり。

 天地国土亢陽し、炎火洞燃して百草亢旱し、
 五穀登らず
 土地赫燃して万姓滅尽せん。
 是の如く変する時を六の難と為すなり。

 四方の賊来りて国を侵し、内外の賊起り
 火賊・水賊・風賊・鬼賊ありて、百姓荒乱し刀兵劫起こせん。
 是の如く怪する時を七の難と為すなり。

 巳上。


大集経に云く

 若し国王有り無量世に於て施戒慧を修すとも
 我法の滅せんを見て捨てて擁護せずんば、
 是の如く種うる所の無量の善根悉く皆滅失して
 其の国当に三の不祥事有るべし。

 一には穀貴・二には兵革・三には疫病なり。

 一切の善神悉く之を捨離せば、
 其の王教令すとも人随従せず、常に隣国の為に之侵ニョウせられん。

 暴火横に起り、悪風雨多く
 暴水増長して人民を吹漂し、内外の親戚其れ共に謀叛せん。

 其の王久しからずして当に重病に遇い
 寿終之後、大地獄の中に生ずべし。

 乃至、王の如く夫人・太子・大臣・城主・柱師・郡守・宰官も
 亦復是の如くならん。

 巳上。


夫れ四経の文朗かなり。
万民誰か疑はん。

而るに盲瞽之輩迷惑之人
妄りに邪説を信じて正教を弁へず。
故に天下世上
諸仏衆経に於て捨離之心を生じて擁護之志無し。

仍て善神聖人国を捨て所を去る。
是れを以て悪鬼外道災を成し難を致すなり矣。


― 【解説】 ―

【金光明経】
法華経、仁王経とともに、鎮護国家の三部経の一つ。
この経を唱える国を、四天王が守護すると言う。

【四部の衆】
四衆ともいう。比丘(坊さん)、比丘尼(尼さん)、優婆塞(男性信者)、優婆夷(女性信者)。

【眷属】
仲間。

【悪趣】
趣とは境界の意で、十悪、五逆、謗法の悪業を犯した衆生が落ちる苦悩の境界をいう。
地獄・餓鬼・畜生・修羅の四悪道を四悪趣という。

【涅槃の路】
一切の煩悩・災患の永尽した境地をいう。

【薬叉】
夜叉。本来は形貌醜怪で猛悪なインドの鬼神であるが、
仏教においては、天、竜、乾闥婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、摩 羅伽とともに八部衆とし、
また毘沙門天の眷属として法華経の行者を守護するとされる。

【浄居天】
天上界のうち、欲界に属する六欲天と
無色界に属する最上の四天とを除いた十七天が、
いわゆる色界の十七天(無想天を含めて十八天)である。
この色界十七天のうち、最後の五天、
すなわち無煩天、無熱天、善現天、善見天、色究竟天を浄居天という。
この五天は飲食と睡眠と男女の性欲との不浄を離れたものの
生まれる天界であるから浄居と言う。

【仁王経】
仁王般若経。
国を護り安穏にするには、般若波羅蜜を受持すべきであると説いている。

【鬼神】
デビル。
(確かにそうだが、一応、創価の講義では思想の乱れを差していた)

【三世】
現在、過去、未来。

【七難】
仁王経、薬師経、大集経と、経によって若干の相違がある。

仁王経の七難は、のちに説かれるように、

一に 日月失度難
二に 星宿失度(衆星返改)難
三に 諸火焚焼難
四に 時節反逆難(水難)
五に 大風数起難
六に 天地亢陽難
七に 四方賊来難 である。

薬師経の七難は、

一には 人衆疾疫難
二には 他国侵逼難
三には 自界叛逆難
四には 星宿変化(怪)難
五には 日月薄蝕難
六には 非時風雨難
七には 過時不雨難なり。

【薬師経】
薬師如来の功徳を説いている。

【刹帝利】
古代インドの四つの階級すなわち四姓の一つで、王族、武士階級を意味する。
クシヤトリアのこと。
四姓とはカースト制度の原型で、

祭祀を司るバラモン、王族たるクシャトリア、
商人階級のバイシャ、奴隷階級のシュードラである。

【灌頂王】
大国の王をいう。

【須弥】
世界の中心となる山。須弥山。この世界ではヒマラヤ。

【四天下】
須弥山を中心とした全世界。
この世界では、東勝身洲(中国)、南閻浮提洲(インド)、
西牛貨洲(中東・ヨーロッパ)、北倶盧洲(モンゴル・ロシア)。

【大集経】
大集部の経典を集めたもの。

【外道】
仏教以外の宗教。


(参考資料)
http://park5.wakwak.com/~soka/risshou.htm
http://www.sattva.jp/data/g-list2.html
(関連スレ)
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1131439444/
[PR]
by eco_eco69 | 2007-04-05 00:20 | 立正安国論