以常見我故 而生恣心 放逸著五欲 堕於悪道中 我常知衆生 行道不行道 随応所可度 為説種種法 毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身          南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経。


by eco_eco69
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

青島幸男氏への鎮魂

『宝石』1月号で、青島幸男・池田大作の対談記事。より


青島幸男:
「一夫一婦制の問題ですけれども
私はやはり 男性というものは 本来の生理からいっても
どうしても 一夫一婦制の枠内に入りきれない場合ができてくる

・・・と思うんです。
そういう行為をお認めになりますか?」

池田大作:
「法律的にいうと 日本は一夫一婦制に 定められているから よくない。

青島幸男: 
「いや法律では決まっておりませんよ。
 一般道徳として、いちおう 一夫一婦制みたいになっておりますけど
 戦前の姦通罪みたいなものは ありませんね。


池田大作: 
「いや一夫多妻の東南アジアと同じではいけない
 ・・・という意味です。
 ぼくがいうのは、法律的届けの問題は一夫一婦制になっている、
 ・・・ということ。ただし、ただしですよ、
 もし、それだけの理由と力があって
 しかも 誰にも迷惑をかけないという場合には
 一夫一婦制の枠外の行為でも、私は男性として認めます。

        
青島幸男 
「認める、これはいい、これはいいですね。
 財力があって、力があって 、女の人も傷つけない、
 社会にも何ら迷惑を及ぼさない場合は
 おかみさん以外の女と関係をもっても、これは認めるべきである
 ・・・・というお考えですね?
        
池田大作 
「そう。男性としてそう思いますね。(中略)
        
青島幸男 
「向こうの女の人を望んで、かまわないから、ということだったら、
 いっこうに差しつかえないということですね。
        
池田大作
一般の人間社会として、誰も束縛できないことだと私は思います。
それは、べつに教義に書いてあるわけじゃないですけどもね。」
        
青島幸男
「それは、むろんそうでしょう。
 教義に書いてあるわけじゃないでしょうね。」
        
池田大作 
「それはなにも公の会の席上で言う必要はないわけだ。
 ただ人間は、だれだってそういう本性はあるだろう
 それをいちいち、そういうことしちゃいけないとか、
 していいとかは、別問題だ。あくまでも個人の問題だ
 ・・・・ということですね。
 けっして奨励するわけではない。身を滅ぼしてはいけ ない。
        
青島幸男 
「それは自由でいいな。 」
        
池田大作 
「それは自由ですよ。」


(2007/1/26)
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1165985678/
[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-24 17:25 | 資料