以常見我故 而生恣心 放逸著五欲 堕於悪道中 我常知衆生 行道不行道 随応所可度 為説種種法 毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身          南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経。


by eco_eco69
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

本日は新世紀を開き行く ≪全国青年部幹部会≫
・・・・・ そして 『全国学生部幹部会』
本当におめでとう!

未来部の皆さんもご苦労様です。


私と青年部の魂の間には、何の夾雑物も無い
一対一で結ばれている。

私は青年を信ずる
一点の曇りもなく 我が弟子を信じている。

青年には、限りない がある。
それは 誠実だ!正義だ!勇気だ!

青年には、誇り高き使命 がある。
それは 行動だ!前進だ!勝利だ!

どうか 君たちよ!!
あなた達よ!!

青春の生命の本領 を大いに発揮し
私と共に
広宣流布の新時代を
断固として勝ち飾ろうではないか!!



私は19歳で 自ら願って
戸田先生の弟子となった!


この方こそ!
人類の平和と幸福の道を開かれてゆく 大指導者であられる
世界一の大師匠であられる

・・・・・・・ そう心に定めた。

未だかってない宗教革命の道である
正義の中の正義である

法華経の行者に仕えれば悪口罵詈もある
猶多怨嫉の大難もある
三類の強敵の迫害もある

御聖訓には

仏になる道は必ず身命をすつるほどの事ありてこそ
仏にはなり候らめと・をしはからう

( 佐渡御勘気抄 堀日亨 編纂 新偏御書 P.891 )

・・・・・と、御本仏の仰せのままに
創価の師弟は あらゆる悪戦苦闘を突き抜けた

師と愛弟子の2人きりの死闘だった。

阿修羅となって
一心不乱に戦い抜いた
あの 一日 一日 が すべて
今の血となり 肉となった


嵐の中に厳として凱歌が轟いた!


私は恩師のもとで
若き広宣流布の巌窟王として戦いきった青春を
三世永遠の誉れ・・・と感謝してやまない


草創の ある日ある時・・・・・
20人ほどの青年の集いに、恩師は望まれた

戸田先生は厳然と
広宣流布は私がやる!
・・・と、叫ばれた

そして・・・

「君たちも一人ずつ言いたまえ!!」

・・・・と 強く促され

全員が一人ずつ
「広宣流布は私がやります」・・・と 口にしていった。

中には臆病な目弱々しい声の青年もいた

先生は その青年達の実像
じっと御覧になっておられた。


私は立った・・・・

「先生!! 広宣流布は
必ず 私の手で 成し遂げます!!」
全生命からのお誓い を 申し上げた。


私には“戸田先生しか”なかった

他の弟子がどうであれ
先輩がどうであれ
そんな事は まったく 関係なかった


師匠との出会いより60年・・・・・・・
生死を越えて師弟不二で戦い続け

世界広布の基盤
私は磐石に完成させた


仏法は 観念でもない、抽象論でもない
行動であり 
結果である


師匠に弟子が勝利を誓う
そして必ず勝つ!!


この“誓願”と“勝利”に こそ
大仏法の血脈は流れ通うのだ!!


だからこそ 私は「初代から2代へ2代から3代へ」と・・・・・・・・

命を賭して受け継いできた
「広宣流布の血脈」を今!!

青年部の君たちに託したい



初代、牧口常三郎先生と3代の私には、何歳の年齢差があるか?
それは57歳である

そして、この私と同じ年齢の差がある世代こそ 
今の青年部、学生部の君たちの世代である。


3代から、我が真性の弟子である21世紀の青年部へ

厳粛な師弟の相伝の時代
既に入っていることを
聡明なる君たちは、深く
また深く自覚し
自負していって いただきたい



蓮祖は、若き南条時光に宛てた手紙で叫ばれた!!

※ 願わくは我が弟子等・大願を をこせ・・・
[ 上野殿御返事 (弘安2年御作) 堀日亨 編纂 新偏御書 P.1561]

我が青年よ!若き弟子達よ!
私と同じ心で
今こそ大願を起こせ!!

人類の希望である
広宣流布の全責任を受け継ぐのは
君たちである!


我が青年部の健康と大活躍
そして勝利と栄光を心から祈っております。

親孝行を忘れずに!

職場で!大学で!地域で社会で・・・
そして世界で
堂々と信頼の旗を打ちたてよ!!


断固として
勝ち抜け!!

(2007年10月21日朝 富士を仰ぎつつ 池田大作) 


せいきょう夕刊より この御書について

このお手紙を認めた背景には
富士郡下方荘熱原郷にて法難が起きており
この事を鑑みると
南条家の近隣で起きた法難でもあるので
鎌倉幕府に捉われの身になってしまった 神四郎、弥五朗、弥六郎を含め
熱原地域の在家信者たちにも 大願を叫ばれたものと判断する
尚、この御書では、追申と言う形で 下記の文章で結んでいる

此れは あつわら の事のありがたさに申す返事なり
[ 上野殿御返事 (弘安2年御作) 堀日亨 編纂 新偏御書 P.1561]


【熱原の法難】

富士郡下方荘熱原郷(現在の富士宮市)にて 起きた
在家信者の弾圧事件

その中でも神四郎、弥五朗、弥六郎は熱心な信者で
幕府の弾圧にも屈しなかった為
残念ながら首を撥ねられ処刑されてしまった
尚、この時、大聖人の弟子であった大進房と三味房が
反旗を翻している

またこの事により 機が熟したと判断され
弘安2年10月12日に
一閻浮代総与三大秘宝の大御本尊が御図顕あそばされた


君たちも 必ずランキング上位を目指す大願をたて
  師弟不二の精神でココをクリック 
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
       人気blogランキング

[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-30 14:46 | 資料

青島幸男氏への鎮魂

『宝石』1月号で、青島幸男・池田大作の対談記事。より


青島幸男:
「一夫一婦制の問題ですけれども
私はやはり 男性というものは 本来の生理からいっても
どうしても 一夫一婦制の枠内に入りきれない場合ができてくる

・・・と思うんです。
そういう行為をお認めになりますか?」

池田大作:
「法律的にいうと 日本は一夫一婦制に 定められているから よくない。

青島幸男: 
「いや法律では決まっておりませんよ。
 一般道徳として、いちおう 一夫一婦制みたいになっておりますけど
 戦前の姦通罪みたいなものは ありませんね。


池田大作: 
「いや一夫多妻の東南アジアと同じではいけない
 ・・・という意味です。
 ぼくがいうのは、法律的届けの問題は一夫一婦制になっている、
 ・・・ということ。ただし、ただしですよ、
 もし、それだけの理由と力があって
 しかも 誰にも迷惑をかけないという場合には
 一夫一婦制の枠外の行為でも、私は男性として認めます。

        
青島幸男 
「認める、これはいい、これはいいですね。
 財力があって、力があって 、女の人も傷つけない、
 社会にも何ら迷惑を及ぼさない場合は
 おかみさん以外の女と関係をもっても、これは認めるべきである
 ・・・・というお考えですね?
        
池田大作 
「そう。男性としてそう思いますね。(中略)
        
青島幸男 
「向こうの女の人を望んで、かまわないから、ということだったら、
 いっこうに差しつかえないということですね。
        
池田大作
一般の人間社会として、誰も束縛できないことだと私は思います。
それは、べつに教義に書いてあるわけじゃないですけどもね。」
        
青島幸男
「それは、むろんそうでしょう。
 教義に書いてあるわけじゃないでしょうね。」
        
池田大作 
「それはなにも公の会の席上で言う必要はないわけだ。
 ただ人間は、だれだってそういう本性はあるだろう
 それをいちいち、そういうことしちゃいけないとか、
 していいとかは、別問題だ。あくまでも個人の問題だ
 ・・・・ということですね。
 けっして奨励するわけではない。身を滅ぼしてはいけ ない。
        
青島幸男 
「それは自由でいいな。 」
        
池田大作 
「それは自由ですよ。」


(2007/1/26)
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1165985678/
[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-24 17:25 | 資料
ある猿の集団で、一匹の猿が
泥だらけのサツマイモ を 海水で洗った ところ
次々に 他の猿が まねを始め
やがて イモを洗う猿が およそ 100匹を超えた時点で
まったく遠隔地にある別の集団にも
同様の 行動が伝播したという話がある。

この類の話 (同時多発的に無関係な個体が新しいことをはじめる)
「集合意識が各個の意識に影響を及ぼし
 社会の特徴を決定している」

・・・・なーんて考える人もいるわけだが、
人心が荒廃すると、地震や干ばつ、洪水等の災害が頻発し、
 疫病の蔓延と争乱、他国の侵入を招き 国が滅ぶ

・・みたいな説も
集合意識が環境をも変え、それが各個に降りかかって来る
・・・・と いってるような気がする。

宗教者マハリシの考えも
立正安国論とも雰囲気が似ている気がす


(瞑想の生理学・日経サイエンス社)

一生懸命努力しても
社会が狂ってゆく道理は一体どこにあるのだろう。

マハリシは言う。

「社会の責任ある全ての分野に失敗が生ずるのは
 指導者の過失でも国民の責任でも無い。

 国民は教え込まれた考え方、 生き方に従って行動しているに過ぎず
 指導者は国民の集合意識に 駆り立てられ
 真面目に行動しているだけなのである。

 従って誰のせい でもない。
 唯一原因は ある種の無知が 行き渡っているためである。

 さらに、社会の中の個人の意識
 集合意識の全般的な同調度に貢献 しており
 逆に 集合意識個人の意識に影響を及ぼし
 社会を構成して いる。」


(2005/12/12(月) by イオ@葵講 ◆wr8kfImLno)
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1131439444/41-42
[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-24 14:57 | 立正安国論
つまらないスレ建てるな! ありえない架空話は無駄


(2007/05/15(火) 17:04:34 by 名無し
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1179194975/11
[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-11 15:34 | もしも池田先生が30人居たら
立正安国は 法華経に依る観念論である。

(2005/11/08(火) 19:44:47 by 名無し ID:vJlhS+gC)

(関連スレ)
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1131439444/
[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-10 08:12 | 立正安国論
http://smw69.exblog.jp/5749797

>>話の流れでいくらでも解釈はかわるんでない?

どんな解釈すれば 原爆は仏罰だ なんて
トンデモ発言が正当化できるんだ?

教えてよw


(2007/03/22(木) 02:49:24 by 名無し
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1172847268/113
[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-05 08:30 | 原爆は仏罰と主張する池田先生
― 安国論副状 ―


文応元年 (1268) 著

真筆:曽存
定本:遺文
原  :漢文



― 【原文】 ―


未だ見参に入らずと雖も、事に触れ書を奉るは常の習に候か。
抑そも正嘉元年[太歳丁巳]八月二十三日戌亥尅大地震 
日蓮諸経を引ひて之を勘ふるに、念仏宗と禅宗等とに御帰依有るの故
日本国中の守護諸大善神恚〈いか〉るに依て起す所の災也。

若し御対治無くんば他国の為に此の国を破らるべき悪瑞之由
勘文一通之を撰し、立正安国論と号し
正元二年[太歳庚申]七月十六日
宿屋入道に付けて故最明寺入道殿に之を進覧せしむ。(後欠)
 



― 【現代語訳】―


そもそも、正嘉元年(1257)
八月二十三日午後九時ごろの大地震について

私(日蓮)が諸経の文に照らし合わせて考えた結果
日本国の上下万民すべてが
念仏宗や禅宗などの間違った教えに帰依しているために
この国を守るべき諸天善神が怒って起こした災難であります。

いまだ御対面の機会を得ないとはいえ
国の存亡に関わる重大事に関して書面を提出するということは
世間のならわしでありましょう。

もしこれら悪法を広める諸宗を根絶しないならば
日本国が外国から攻められ滅びてしまう悪い前兆であることを論じた
一巻の書を撰述し 立正安国論と名つげ
正元二年(文応元年、1260)七月十六日 
宿屋入道光則を通じて
故最明寺入道殿に御覧に供するよう進上したのです。


(参考資料)
http://park5.wakwak.com/~soka/risshou.htm
http://www.sattva.jp/data/g-list2.html

(関連スレ)
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1131439444/



今の世界を見つめ その通りだと思ったあなた
ココをクリックして あなたも世界諌業
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-04 06:24 | 立正安国論

題目日誌:2007年10月

10月1日
勤行:朝 なし 夕 SGI式
題目:51分

10月2日
勤行:朝夕 SGI式
題目:2時間12分

10月3日
勤行:朝夕 なし
題目:なし

10月4日
勤行:朝夕 SGI式
題目:2時間33分

10月5日
勤行:朝 五座 夕 三座
題目:3時間

10月6日
勤行:朝 五座 夕 三座
題目:3時間48分


10月7日
勤行:朝 五座 夕 三座
題目:4時間




10月8日(2007年体育の日)
勤行:朝 五座 夕 三座
題目:24分


10月9日
勤行:朝夕 SGI式
題目:1時間48分

10月10日 ※(東京Olympic開催日):昭和39年(1964年)10月10日
勤行:朝 SGI式 夕 なし
題目:36分

10月11日
勤行:朝夕 SGI式
題目:2時間21分

10月12日
勤行:朝夕 SGI式
題目:3時間48分

10月13日
勤行:朝 五座 夕 なし
題目:12分


10月14日
勤行:朝 なし 夕 三座
題目:1時間6分




10月15日
勤行:朝夕 SGI式
題目:3時間48分

10月16日
勤行:朝夕 SGI式
題目:2時間48分

10月17日
勤行:不明
題目:不明

10月18日
勤行:朝 五座 夕 三座
題目:1時間6分

10月19日(太陰暦:重陽)
勤行:朝 五座 夕 三座
題目:24分

10月20日
勤行:朝 五座 夕 なし
題目:12分


10月21日
勤行:朝 なし 夕 SGI式
題目:6分




10月22日
勤行:朝夕 なし
題目:なし

10月23日
勤行:朝夕 なし
題目:なし

10月24日
勤行:朝夕 なし
題目:なし

10月25日
勤行:朝夕 なし
題目:なし

10月26日
勤行:朝 なし 夕 三座
題目:1時間6分

10月27日
勤行:朝夕 なし
題目:なし


10月28日
勤行:朝 なし 夕 SGI式
題目:1時間12分




10月29日
勤行:朝夕 SGI式
題目:4時間42分

10月30日
勤行:朝夕 なし
題目:なし

10月31日
勤行:朝夕 なし
題目:なし

--------------------------------------------------------

10月の集計.................................................41時間36分
2007年9月12日からの累計...............................57時間48分
2007年1月1日からの累計...............................380時間48分


◆ 勤行の仕方については下記の欄を参照の事

  SGI式勤行
  http://smw69.exblog.jp/4436363

  五座 三座式勤行
  http://smw69.exblog.jp/4501397
  http://smw69.exblog.jp/4513639

  【方便品】
  http://smw69.exblog.jp/4435702
  http://smw69.exblog.jp/4435794

  【如来寿量品】
  http://smw69.exblog.jp/4436119


(関連スレ)
〇創価学会員唱題時間体験報告スレpart16〇
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1187025764/
〇創価学会員唱題時間体験報告スレpart19〇
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1190379132/
■■励まし学会員~「唱題帳」■■
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1166025610/

(参考スレ)
経本から寿量品(長行)がなくなって驚いた
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1178036218/
【ネカマ】創価学会ホモ異端者会議【オカマ】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1190200443/


祈 必勝!! 「eco eco五座三座」 ( 炎上防止!! )
サーバ回復&常時安定 excite 2ちゃんねる わいわい掲示板
◆Vidal Sasoon 日本海名称復活
◆愛知は中部地方(東海) 
◆ 打倒!! 「博士の独り言」&「きっこのブログ」


カンカンカン☆\(・∀・) 
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

人気blogランキング


注意: いや・・ あの・・・
    あくまで 上位ランキングを目指す意味でして
    たまたま、上記二つのBlogが 現在一位だった為
    それを超えたら奇跡だろうなぁ~ と言う願いを認めたものですので
    決して 呪いの祈願 では 御座いません。

[PR]
by eco_eco69 | 2007-10-02 15:00 | 題目帳